FC2ブログ
   宮城県名取市にあるエアリ総合内科 漢方クリニックのブログです。

2016/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0~16歳の子を持つ親を対象とした花粉症に関する民間調査で、子供の3人に1人について、親が「花粉症だと思う」と回答したことが分かった。このうち5歳までに発症したとみられるケースが半数近くに達し、低年齢化の傾向が強まっているという。

 調査は2015年11月にロート製薬がインターネットで実施した。16歳以下の子供計2618人の親らが回答した。

 同社の集計によると、花粉症とみられる子供は全体の33.4%に達した。12年の同様の調査では25.7%だったが、13年以降、上昇をたどっているという。

 子供が「何歳で発症したと思うか」と尋ねたところ、3、4、5歳とした回答がそれぞれ10%を超えた。5歳までに発症した割合は計45.5%で、12年調査より8.9ポイント上昇した。

 ロート製薬は「大気中の微小粒子状物質『PM2.5』の増加や、ディーゼル車の排ガスによる影響も考えられる」としている。


「日経新聞」




花粉症は誰もが発症する可能性があります。原因となる花粉には、スギ、ヒノキ、マツ、ブナ、カバノキ、イネ、ヨモギ、ブタクサなどが挙げられ、人によってアレルゲンは様々です。
「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」など風邪の症状に似ており、花粉症に気づかず、風邪だと思い込んでしまい症状を悪化させてしまうケースもあります。症状の軽いうちに早めに医師に相談してみてください。


エアリ総合内科 漢方クリニック
TEL:022-797-8601



illust2681_thumb.gif


スポンサーサイト
3/23(水)は診療を休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程、宜しくお願い致します。


image571.gif エアリ総合内科漢方クリニック   
           image4479.gif

        image4205 (1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。