FC2ブログ
   宮城県名取市にあるエアリ総合内科 漢方クリニックのブログです。

2012/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春先から初夏にかけて流行する風疹が真夏になっても収まらない。今年の風疹の感染者数はすでに1100人を突破。全患者数の調査を始めた2008年以降で最大の流行となり、中心は感染者の6割強を占める成人男性だ。

赤ちゃんに障害が残る可能性があるため、女性にはワクチン接種が広がる一方で、成人男性に接種が浸透していないことが感染拡大の要因とみられる。

 「現在、成人の方に風疹が流行中です。ワクチンの接種を受けて下さい」。
東京都大田区の「大川こども&内科クリニック」には8月上旬、成人に風疹の予防接種を呼びかける貼り紙がお目見えした。
 
例年、成人の接種はほぼゼロだが、今年6月以降、月5人程度が来院する。接種希望者は妊娠を望む女性が多く、20~50歳代の成人男性の接種率は1割程度と低いという。

大川洋二院長(62)は「集団感染は会社などで起きやすい。その後、家庭内で男性から女性に感染することが十分、考えられ、社会的な大流行を食い止めるにはほど遠い」と話す。
 
都によると、直近の8月13~19日の1週間の新規発病者数は都内で28人。例年1週間の発病者数は多くとも3~4人で、今は7~9倍の水準で推移している。

国立感染症研究所(東京・新宿)によると、今年の風疹の感染者数は8月15日現在、全国で1112人で2011年(371人)と比べても、約2.9倍に上る。うち、20歳代以上の男性が全体の約65%を占める。
 
感染研によると、風疹の流行時期は例年、春先から初夏といわれ、7、8月ごろには流行は収まるとされる。今回の流行は11年が始まりとみられ、今年が2年目。詳しい原因は不明だが、海外などから持ち込まれた可能性もある。

「風疹は一度流行が始まると感染拡大と沈静化を繰り返しながら数年間続く」(感染研)といい、過去の流行でも2年目の流行が最も大きくなる傾向があり、今後も警戒が必要としている。

 厚生労働省によると、これまでの風疹の流行は子供が感染者の中心。新入学時期の春から流行し、感染が一巡する夏場にかけ、終息するパターンを繰り返してきた。
 
これに対し、今年の流行の“主役”の20~50歳代前半の男性は、子供のころ、予防接種を受けている人が少ない世代に当たる。このため、免疫を持たない人が感染しやすく、息の長い流行となっている可能性があるという。
 
東京都福祉保健局の吉田道彦感染症対策課長は「今年はなかなか減らず、流行が尾を引いている」と危機感を募らせ、感染研の多屋馨子感染症情報センター第3室長も「娘がいるお父さんなどは、忙しくともぜひ一緒に予防接種を受けてほしい」と話している。                   
                                           DSKDZO4530468023082012CC0000_KN2_2.jpg

■□成人男性、免疫ない人も 予防接種 当初は女性限定■□


 1977年から始まった風疹の定期予防接種は当初、将来妊娠する可能性のある女子中学生に限定されていた。
男児が対象になったのは95年度以降。このため20歳代以降の男性で免疫を持っていない人も少なくなく、感染が広がる要因になっている。
 
風疹はウイルスが原因でせきやくしゃみなどで感染し、全身の発疹や発熱の症状が出る。はしかと比べると感染力は強くない。しかし、妊娠初期の妊婦が感染すると、新生児に難聴や白内障といった障害を引き起こす恐れがある。
 
一般的に麻疹・風疹混合(MR)ワクチンを接種すれば、風疹にはかからず、定期接種は基本的に無料だ。
 
現在の定期接種は1歳児と小学校入学前1年間の2回で、2006年度から導入された。

男女が対象となった95~05年度の接種は1歳~7歳半に1回だった。1回では十分に免疫がつかないことがあるため、08~12年度は中学1年と高校3年の年齢で追加接種を受けられる措置が取られた。

ただ、1歳児と小学校入学前の接種率は9割を超えているのに対し、中学1年と高校3年は7~8割台に低下している。

(2012年8月23日・日経新聞)




免疫のない方は感染の恐れが十分にありますので
予防接種を受けられることをお勧め致します。

当クリニックでも予防接種を受付ておりますので、
お気軽にご連絡、ご相談くださいませ。   
                               line_shinme02.gif

                            
                       エアリ総合内科漢方クリニック 
                       TEL:022-797-8601                                         

スポンサーサイト
当クリニックでは待合室に漢方のお茶をご用意しております。

本日のお茶は『苦丁茶(くうていちゃ)』です。

中国では2000年以上も古くから宮廷への献上茶として扱われてきたお茶です。
苦味のあるお茶ですが、熱中症、夏風邪、夏バテの予防作用があります。

また、解毒作用、殺菌・炎症を抑える作用、咳を止め痰を取り除く作用、
血液中の脂肪分を減らす作用、コレステロールを取り除く作用などもあります。

ご来院の際はぜひご試飲くださいませ。

※『本日のお茶』の販売はしておりませんが、似た成分で生薬の処方はできますので
お気軽にお声かけください。

                                               ico_hoozuki2.gif
当クリニックでは、8/13(月)~8/16(木)まで休診とさせて頂きます。
8/17(金)より、平常通りの診療となります。
宜しくお願い致します。

line_shinme02.gif




実施期間:5/29(火)~8/31(金) 


今まで40歳以上の方が対象の個別健診ですが、

今年初めて18歳~39歳の健康診査が無料で受けられることとなりました。

8月末までとなっておりますので、まだの方は早めの受診をおすすめします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。