FC2ブログ
   宮城県名取市にあるエアリ総合内科 漢方クリニックのブログです。

2011/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若い世代がかかりやすい 子宮頸がん… ワクチン・検診 進む予防

発症のピークが30歳代と若い世代がかかりやすい子宮頸がん。原因となるウイルス感染を防ぐワクチンや、感染を調べる検査が開発され、予防が進んできた。

子宮頸がんは、性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が原因だ。多くは自然に体から排除されるが、まれに感染が続き、一部の人でがんを発症する。

HPVは百種類ほどのタイプがある。子宮頸がんを引き起こすのは十数種類で、高リスク型と呼ばれる。特に16型と18型は危険性が高く、子宮頸がん全体の約7割、20歳、30歳代の若い人では原因の8割を占める。

HPVワクチンは2社の製品があり、日本では2009年12月に「サーバリックス」(グラクソ・スミスクライン社)、11年8月に「ガーダシル」(MSD社)の販売が始まった。3回に分けて筋肉内に注射する。自費だと、3回で5万円程度かかる。現在ほとんどの自治体で、中学1年~高校1年生の女子を対象に、公費助成が行われている。

双方とも、16型と18型に対する効果があり、子宮頸がんの予防範囲は同じだ。

主な違いは、ガーダシルは、6型、11型ウイルスの予防効果もある点だ。低リスク型のウイルスで、性感染症である尖圭コンジローマを9割近く防ぐ。

尖圭コンジローマは、性器や肛門の周りにイボを作る病気。塗り薬などで治療しても、再発しやすい。国内では1年間で男女約3万9000人がかかると推定されている。

また、サーバリックスは免疫を増強させる成分の働きが強いとされる。グラクソ・スミスクライン社などが欧米で行った比較試験では、サーバリックスの方が、16、18型の両方で、ウイルスを防ぐ抗体の量は多かった。ただし、注射部位の痛みなど局所の副反応の頻度も高かった。

ワクチンで、すべての子宮頸がんを防げるわけではない。重要なのは、定期的な検診だ。

(以下省略)

10月21日(金) 読売新聞(ヨミドクター)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111021-00000301-yomidr-soci




当院は、名取市の子宮頸がん予防ワクチン接種費用の全額助成の受託機関となっております。

【費用】
無料

【対象】
中学1年生(13歳相当)~高校1年生(16歳相当)
高校2年生(17歳相当)
※平成23年9月末までに開始した方

※必ず予約をお願い致します。
※保護者同伴が原則です。同伴できない場合は保護者の「同意書」が必要です。


詳細はこちら↓
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_9753

スポンサーサイト
インフルエンザの予防接種が始まっています。

【料金】
●1回目:3,150円

●2回目:2,100円 ※1回目を当院で接種された方のみ


予約なしでも承っていますので、お時間のある時にお越しください。

------------------------------------------------------------------

当院は高齢者インフルエンザ予防接種の実施医療機関です。

・対象となる方
①65歳以上の方

②60歳から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能障害又は免疫の機能障害を有し医師が認めた方
(身体障害者手帳1級に相当する方)

※①②ともに名取市に住民登録をしている方で、接種日当日の年齢になります。

・実施期間:平成23年10月1日~平成24年1月31日

・接種回数:1回

・接種料金:1,000円

※生活保護世帯の方及び震災により住家が全半壊・全半焼、
生計維持者が死亡・行方不明・失職した場合は無料となります。
(必ず接種前に証明書をご提示下さい。)

・持ち物:接種料金、健康保険証

分からない点がございましたら、当院までお問い合わせください。

≪エアリ総合内科漢方クリニック≫
022-797-8601

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。